示談交渉サービス

| 未分類 |

赤ちゃん12

 

国内の法律では示談をできるのは弁護士だけです。

 

この法律の中では保険会社が示談を行うことは抵触する恐れがあります。

 

しかし、保険会社は保険契約上で事故の加害者の連帯保証人となっています。

そのため示談交渉サービスという名で被害者と民事上の賠償額の交渉を行うことができるのです。

 

あくまでも示談代行であって、正式な示談ではないことに先ず念頭に置くことも大事です。

 

これは自動車保険でも、バイク保険であっても同じです。

 

保険会社の支払い責任で注意したいのは加害者である場合に限ること、そして契約している保険金額内である点です。
これが被害者の立場で、相手にすべての過失がある場合は責任を負うことはなく、また非協力的な態度や相手が拒否した場合など対応できないこともあるので注意したいところです。

 

また、対人・対物賠償が発生した事故に対しての支払い責任に関しての示談であり、自賠責保険内の賠償額である場合は交渉しないことにも留意する必要があります。

 

示談の交渉についてサービスは付帯されていることもチェックしておきたい点です。
事故対応の中にきちんと含まれているかどうか、弁護士のサポートが受けられる点も保険選びのポイントに置くと良いでしょう。